ポスティングのアルバイト

学生のアルバイトをする際の税金について

ポスティングのアルバイト 高校生でも大学生でも学生の場合、お小遣いを稼ぐ方法としてアルバイトがあります。アルバイトは学生におって自分の空いた時間に働くことができるため、とても利用しやすいという点があります。学校が終わった放課後や週末に、夏休みといった短期間のアルバイトなどをする人が多くいます。ですが学生にとってアルバイト自体はお金を稼ぐ方法としてしかとらえておらず、税金についてはあまり深く考えていないことが殆どです。アルバイトをする場合は、知識として税金がかかることがあるという事をしっかり理解しておくことが重要となります。

まず学生の場合は基本的に両親の被扶養者としています。この被扶養者と認定する基準として、年収が130万円未満であることが前提となります。納税の義務がある親は自分以外の妻や子供が年収がある場合、年収103万以下であれば納税額を控除されますが103万以上になってしまうと支払う税金が多くなります。同時に学生の状態で年収103万を超えてしまうと扶養控除も解除されてしまいます。結果税金を支払いが高くなってしまうので、アルバイトであれば年収103万以上給与がいかないようにすることが重要となります。アルバイトで年収103万円以上働くのはとても大変ですので、アルバイトはあくまでもお小遣い稼ぎ程度に抑え本業は学業だと割り切ることが大切です。

Copyright (C)2019ポスティングのアルバイト.All rights reserved.